忍者ブログ
負けず嫌いな管理人が強くなる為に思いついたことを実験したり、自分を振り返るサイト。皆さんのお役にも立てたら幸いです♪
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

@ちゃお~♪





最近、自分のレベルUPのことばっかり考えてて、

一緒にやってるバド未経験者のレベルUPをおろそか

にしてましたヾ(▽ ̄;)ゞうへへ



そんなことを最近思いながら、どうやったら初心者の

人にも『わかりやすく』、『楽しく』上達できる練習方法

はないかなーって色々考えてました。



そこで今日は考えてた練習方法2点を実際に教えて

きたのをご紹介してみたいと思います☆



■『重心移動&腰から↑の体の動き』練習法

■『後へのフットワーク時の足』練習法







■『重心移動&腰から↑の体の動き』練習法



 1.利き足を後にして、ネットに対して横を向く(=半身)。



 2.利き足じゃない方の足を床から上げる。

   この時、利き手じゃない方をシャトルの位置より

   ちょっと下あたりに手をかざすように構える。



 3.利き足じゃない方の足をネット方向に踏み込む。



 4.(感覚的なイメージ)腰→肩・肘・手首の順に動かし

   ラケットをシャトルの位置を斜め上方向へ振りぬく。

   この時、利き手じゃない方は、肘を曲げてアナログ

   の体温計を挟むような感じで腕をたたむ。



 5.振りぬいた利き腕は、斜め下へ力を抜いて下ろす。



 Point

   ・力を入れずに、シャトルの位置を振りぬく瞬間だけ

    力を入れる。

   ・肘から先は、内側にひねるように振りぬく(=内旋)。




 【解説】

  バドミントンは筋肉量によるパワーではなく、体をひねる

  ことと重心移動によってパワーを発揮することを主とします。



  ちなみに『ひねる』行為はダイエットにも効果的なわけです♪

  ・・・あ、話がそれちゃいましたねww



  ですから、無駄な力は体を固くして、ひねる動作を邪魔して

  しまうんです。だから『力まず』がポイントなんです♪



  それと、これはあくまで『正しい動作を癖付けする』為の練習

  です。試合で足上げてたりしたら間に合いませんから、皆さん

  気をつけてくださいねw





■『後へのフットワーク時の足』練習法



 1.利き足を後にして、ネットに対して横を向く(=半身)。



 2.利き足じゃない方を後に引くと同時に、体を入れ替え

   利き足を前にする。

   以下1・2の繰り返し。



 Point

   ・半身の状態から利き足じゃない方を後へスライドさせる。

   ・できるようになったら、腕を構えて、利き足に体重を

    のせてから足をスライドさせるようにアレンジする。



 【解説】

  バドミントンは常に動きながらシャトルを打ちます。その中

  でも特徴的な動きが、後にステップしながら打つときです。

  この練習法は、その時の『最後の足の動きを癖付けする』

  のが目的です。

  利き足で踏み切り、ジャンプしてシャトルを打ちながら、足を

  入れ替えて、利き足じゃない方の足で床を蹴り、前へ戻る・・・



  うーん。。。伝わりましたか??ヾ(; ̄▽ ̄Aアセアセ

PR
この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ バドミントンメモ ] All Rights Reserved.
http://badmemo.blog.shinobi.jp/

ブログ内検索
最新コメント
[03/07 うにうに]
[01/21 レン]
[01/17 オイル漏れ]
[01/17 daniel★]
プロフィール
HN:
アルー
性別:
非公開
最新トラックバック
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ブログ | [PR]
バーコード
カウンター
アクセス解析